心と目覚めはつながっている

まいど、淡路島からはいちゃんです。

ホースセラピー部の朝練に参加させてもらっています。

馬とブレインジムを融合した、効果の高いエクササイズを考えていきます。

帰り道にあるコスモス畑が満開です。

地域あげてのお祭りもあるようです。

それで、起床のことですが、

「何時に起きますか」

「何時間寝ますか?」

と聞かれますが、

僕としては

「何度目に起きますか?」

が心身の健康度に直接的に関わる質問だと思います。

心がもやもやして、すっきりしないときはほとんど
二度寝、三度寝しています。

それは、

○時間寝ると調子がいい、という思い込みが邪魔している場合があります。

身体の調子は毎日違うから、ベストの睡眠時間も日によって変わります。

毎日同じ時間に起きるという人は少し自分の毎日の違いに気づいてみてください。

例えば僕はブレインジムのクラスをしている時が一番早起きになります。

早い時で3~4時です。

でも普段7時に起きることもあります。

太陽の影響も受けているので、季節によっても変わります。

色々と実験してみて、

「○時に起きないといけない」

は結構ストレスになるように感じています。

朝4時くらいから人間は交感神経優位になって、5時くらいはもっとストレスホルモンが分泌される時間帯ですから、そのときに「7時に起きないといけない」というのは大きな負担ではないでしょうか。

それから、意外かもしれませんが、

【2度寝】

はもっと大きなストレスになっているように感じています。

起きたい時間より早くに目が覚めてしまった時には、そのまま起きた方がいいように思います。

「まだ寝足りないかも?」と頭で考えてもう一度寝たときの身体感覚は、少し鈍る感じです。

身体は正直で、起きるべきときに覚醒すると思います。

睡眠時間が短いというのと睡眠不足というのは別だということです。

「何度目に起きますか?」

が今の自分の健康度を測る問だと感じています。


0 コメント

コメントする