3種類のメンタルトレーニング

黄砂に吹かれてー♪

福岡~唐津にやって来ました。

毎朝のTLP(聴覚向上プログラム)を実施してから、僕の場合、ココロに良い影響を感じています。

一定の穏やかな気分で過ごしています。

ホテル泊なので、テレビを見ましたWBC野球のワールドカップ。

中日ファンの僕としては、井端選手の活躍だけでいい気分です。

チームで、自分たちのパフォーマンスを最後まで信じてやりきっておられたように思います。

感動しました!

ここ数日で、ブレインジムと原始反射の資料を見直し、更にいいものが出来ました。

今日朝からやってきてるハテナ(問い)は、

「なぜ人間は、自分をコントロールできないんだろうか?何がそうさせているか?」

ということです。

・考えたくないのに考える
・怒りたくないのに怒る
・食べたくないのに食べる
・脱ぎたくないのに脱ぐ
(逆もあるでしょうが^^)

悩んでいるワニとか、自殺する犬とか、僕は知りません。

自分をコントロールできないのって、人間だけの特権とちゃうかな。

昨日の試合を見た方は分かるでしょうが、
田中投手(まーくん)登板したてはすごい状態でした。
頭もココロもカラダも一体となっているようでした。

それがあっという間に、崩れてしまってからは、そのゾーン状態から抜け出ていたようにも見えました。

自分で自分の思考や感情や行動をコントロール出来ないというのはとてもおもしろいし、奥が深い。

そして、それが人間を悩ませている原因のようにも思います。

そして、メンタルトレーニングがあります。

頭から入りやすい人は、思考からのメンタルトレーニング
ココロから入りやすい人は、感情からのメンタルトレーニング
身体から入りやすい人は、身体からのメンタルトレーニング

子どもは、10歳くらいまでは、身体からマネジメントするのが効果が高い。僕の経験はそう感じています。10歳からは、思考と感情を発達と成長に応じて使い分け。
かな。

大人はひとりひとりで変わる。
そこを見極める。

淡路島で発達コーチング、はいちゃんでした。


0 コメント

コメントする