視覚と3次元の動き

まいど んぐり、灰谷です。

昔の日経サイエンスを何となく眺めていたら
面白い記事を見つけました。

(その時は読み飛ばしていました)

——————————–
人間の網膜は基本的に2次元なので、
網膜上の像は3次元的な動きの
情報を伝えていないと考えられる。
したがって、物体の移動方向の認識は、
実は私たちが過去の経験に基づいて
心理的に作り上げているものなのだ。
この研究は、米国科学アカデミー紀要
(2009年)1月6日号に掲載された。
——————————–

これは、とても興味深い研究です。

私たちが見ている奥行視覚は、
見ている事実ではなく、錯覚
でしかないというのです。

言い方を変えると、
私たちが見ている奥行きのある世界は、
眼(網膜)を通ることで、
一旦平面の画像情報に書き換えられて、
脳の中で過去の「思い込み」を元に、
また3次元情報に再構成しているということです。

ということは「思い込み」が
今見ている全ての世界を
創り上げている、

眼ではなく、脳で見ている。

脳は、様々な視覚手がかりを元に
両眼視差を持って現実世界を認識している。

これらの見る能力が現実世界にどうかかわっているかというと、

・人とのコミュニケーション(距離感)のとり方
・将来のビジョンを思い描く力

などとは特に直接的・間接的に関係しているでしょう。

つまり、見る能力というのは

「視力」をあげるだけではなくて

・両目で協調して見ること
・凝視をやめて全体を見ること

といった「視覚」を磨くことが大切なんですね。

ブレインジムの不思議な動きは、これらをその場で改善します。

だから、目のブレインジム運動をやると、

人とのコミュニケーションが変わる、

新しい将来のビジョンが思いつく

ということが起きえる、と説明できるかもしれません。

面白くないですか?

本当にそんなことがおこるの?

はい、おこっちゃうんです。。。。


0 コメント

コメントする