般若心経とブレインジム

まいど、灰谷です。

私が以前勤めていた会社では、毎朝毎夕、般若心経を読んでいました。

インターネットでは、そのことだけをとらえて
「○○は宗教会社だ!」
というのもありますけど、そんなことはありませんよ。

この習慣は、今になって思うと、本当に素晴らしいことでした。

もちろん、今になっても完全に覚えていますし、講演やお仕事の前には、ブレインジムをして般若心経を唱えさせて気持ちを整えます。

般若心経は、「いま ここ」に意識を向けて唱えさせていただきます。

とはいってもそんなに真面目にやっていなかったので、般若心経の意味を人さまにお伝えできるほど詳しくはありませんが、少しだけブレインジムとのつながりを。

般若心経というと、

「色即是空 空即是色」

のくだりが有名ですが、

「照見五蘊皆空」という言葉を今日はご紹介させて下さい。

五蘊 というのは、

「色・受・想・行・識」

のことで、

この5つの要素で人間が出来上がっていると考えます。

色 ・・・ 肉体
受 ・・・ 感覚
想 ・・・ 感情
行 ・・・ 思考
識 ・・・ 認識

色がカラダ 
受想行識がココロですね。

「照見五蘊皆空」とは、
これら5つの要素が全て「空=存在しないもの」と分かった。

という意味です。

空のとらえ方は今日は横に置いておくとして、

5つの要素は、まさに脳のはたらきのことを言っています。

色 ・・・ 肉体 →運動
受 ・・・ 感覚 →脳幹
想 ・・・ 感情 →大脳辺縁系
行 ・・・ 思考 →大脳新皮質
識 ・・・ 認識 →前前頭皮質

ブレインジムは、運動を通して、脳幹~辺縁系~新皮質~前前頭皮質の回路を密にし、定着させる運動ですから、ブレインジム101を受講された僧侶の方が、ブレインジムには同じような仕組みを感じる、とおっしゃっていたのもこのようなことがあるからでしょうか。

ただ、ここに一つ入っていないのは、小脳の働きです。

ブレインジムはもともと、学習に困難を抱える(学習障害とか発達障害といわれる)子どもたちのために提供されていますが、このことには、調べれば調べるほど、小脳の働きがポイントであるとわかってきました。

小脳は、今まであまり重要視されてこなかった(どのような働きをしているかわからなかった)部位なのですが、

「スムーズに動くこと」

を担ってくれているとても重要な働きがあることが分かってきています。

小脳がなかったら、自転車に何回のっても、初めてのように、ぎこちない動きでこがなければなりません。

私が般若心経を暗誦できるのも小脳のおかげです。

学習した

という状態は、

スムーズに動けるようになった

ということですから、小脳に入った、ということです。

この小脳の発達にもブレインジムの動きが関わっています。


0 コメント

コメントする