判断しない関わり方~私がブレインジムをする理由~

まいど、灰谷です。

ブレインジムは、LD(特に読字)のサポートのために生まれたワークですが、
30年以上の研究と実践を経て、
現在では大人が心と体を整えるプログラムとして、まとめ上げられています。

とはいえ、やはりADHD/ADDや自閉症、アスペルガー、LDなどとの関わりが深く、
私はもともとそちら方面の専門家ではありませんが、勉強を続けています。

ブレインジムを知ってから、勉強することが格段に増えて、個人的には、その奥深さに、人間の素晴らしさと神秘にワクワクが倍増しました。

勉強するほどに、私自身にADDやアスペルガーの特徴と合致するような部分がけっこうあり、特に人間関係がうまく築けずに(人の気持ちが分かりにくいのです。)悩んできたので、グレーゾーンと言われるような成人の軽度発達障がいなども、本当にしんどい思いをされている方がおおいだろうなぁ、と感じています。

私は、プロコーチとしてお仕事させて頂いていますので、よく、

「コミュニケーションのプロ」

だろうと言われるのですが、

人の気持ちがわからない人間だったから、コミュニケーションを勉強する必要を感じたのです。

だから、本当にいろんな人たちにご迷惑をかけてきたと思います。

当初は、色んな【スキル】を教わりましたが、私に必要なことは、【自分の脳を育て、心を整えるこ】でした。

今でも毎日、自分の内側を整える必要性を感じていて、これは終わりのないものであって、何か素晴らしいセミナーを受けたり、感動するような話をきいてすべてが解決するようなものではないと思っています。

だから、外側から知識を与えたり、感動させてできたような気になるようなセミナーにはまったく興味がありません。

幸せは、人の内側と継続にあると思うのです。

特に「わかった」「自分は知っている」と考えているときほど、本当はわかっていないとも思います。

だから、「良い悪い」「正しい間違っている」などできるだけ判断せずに、今ここでの人とのかかわりを最大限に楽しんで、人の役にたち、楽しい空間を創っていける自分でありたいと願っています。


0 コメント

コメントする