【行脚3日目】中学生とブレインジムでした~。左目の視覚と原始反射の関わり。

まいど、灰谷です。

中学一年生のTくん、Kくんとブレインジム個人セッションでした~。

約二時間。よく遊んで、勉強もした~♪

写真の公開をお許しいただいているので、報告したいと思います~>

まず、だいぶ一緒に遊びました。

二人ともスポーツをやっているので、身体能力の向上のためのブレインジムをしました。

瞬発性と高跳びがどんな風に代わるかやりました。

↓タイムを計っています。
中学生とのブレインジム画像1

ぼくたちも一緒にやりました。

自然な力の入っていない走りになって、タイムが速くなりました。

特に「気持ちを深めるエクササイズ」が二人には効果的だったようですね~。

中学生とのブレインジム画像2

次は、英語の単語を覚えたいKくんと、本や教科書を長く読めるようになりたいTくん(目に特徴がありました)とに、分かれてセッションしました。

中学生とのブレインジム画像3
Kくんは、英単語の記憶テストの結果 

ブレインジム前 「15問中7問正解」

ブレインジム後 「15問中14問正解」

に飛躍的な成果が。

Tくんは、読書に集中できる時間をはかりました。

ブレインジム前 「12分50秒」

ブレインジム後 「19分」

「時間立つのが早かった~」

とコメントでした。

T君は特に、両眼視と遠近視覚の向上トレーニングが有効なようでした。

「凝視」を止めることができるエクササイズを選びました。

運動中の身体の癖から、ATNR(非対称性緊張性頸反射)の右側が出ていたので、

お母さんに「彼は左目の方がみえにくいですか?」

とお聞きしたところ、やはりそうだとのこと。

「勉強姿勢をまっすぐしておくのもしんどそうですか?」

とお聞きしたところ、それもあるとのこと。

原始反射の統合についても次の機会にお伝えしたいと思いました。

二人とも、お気に入りのエクササイズを2つずつお土産でお持ち帰りです。

おめでとう!!


0 コメント

コメントする