足をクロスさせて立つ癖

まいど、灰谷です。

行脚57日目、宮城県大郷町の朝です。

宮城は、雨が続いています。

秋の準備がいろんなところで始まっているように感じますね~。

(食欲の秋とか、食べ物の秋とか、秋刀魚とか・・・)

キャンピングカーの日本一周は、色んな土地でその時々のおいしいものを頂けるのが楽しみです~。

先日ブレインジムのセッションをさせて頂いたときに、

「足元をクロスさせて立つ癖がある」「そうすると落ち着く」

という人がいました。

こういう感じですね。

足をクロスして立つ人

なぜでしょうか?

という質問だったんですけども、

ぼくは「固有受容覚」の課題があるのではないかなぁ、と思いました。

自分の身体が、自分自身でないようなふわふわした感覚や、どこにあるのかわからない持つ人がいますが、このこと自体が人に理解されにくいので、なかなか周りの人には話さない(話せない)ようです。

実際、この人は大学生だったんですけども、お母さんはこのことを初めて聞いた、とおっしゃっていました。

ブレインジムには、固有受容覚へ働きかける動きがいくつかあります。


0 コメント

コメントする