利益をもたらさないパターンを観る

まいど、灰谷です。

行脚83日目、東京都台場に泊まりました。

ブレインジムでは、私たちの存在全体にとって、もはや利益をもたらさない思考のパターンや習慣をリリースするために身心の調整をします。

私たちの動きと姿勢の多くがストレスやトラウマとなる経験に対する条件付けされた学習の結果です。

これには私たちの固有受容感覚が関わっていて、「私がいまどこにいるか」「私は私である」という感覚は、ストレスによって影響を受けえるのです。

姿勢自体が私自身であると同時に、今の人生を表すメタファー(比喩)でもあるのです。

例えば、大きな悲嘆にくれているときは、目は伏せがちで、方が丸く猫背のようになりがちです。

自信に満ち溢れているときには、胸を張って歩くことができます。

ハムストリングス筋という筋肉は、読解力や把握力と関係しています。

子どもたちは、教科書の内容をもっと把握したい、集中して読みたいと思ったときに、ハムストリングスに関係するブレインジムのエクササイズを選ぶことができるのです。

筋肉や身体の状態から、これからの私にとって、もはや必要のないパターンを手放し、書き換えることができます。

ブレインジムの上級コースでは、こういったことを具体的な技術として手に入れていきます。

もちろん、個別のセッションで扱うこともできますので、興味のある方はお問い合せ下さい。

灰谷.comお問い合せ

ブレイントレイン脳と心の学校


0 コメント

コメントする