黒の中に黒を見る

名古屋の手羽先は、山ちゃんより風来坊派な、

まいど、ブレインジムからあげ先生・はいちゃんです。

全国行脚142日目、名古屋市 カプセルインなごや

に泊まりました。

昨日から、中級クラスの「ヴィジョンサークル」を開催しています。

色々と名古屋で段取りをしてくださったのは、この方

 です。

全国で引っ張りだこなので、

お忙しい中参加してくださっています。

名古屋でブレインジムが広がればいいのに、って動いてくださいました。

ありがとうございます。

ヴィジョンサークルは視覚を中心として、

その他の6感覚がどのように発達し、

見ることが身体とどうかかわっているか

を扱っていきます。

NLPなどのワークでも、将来のヴィジョンをイメージ化する、

というのがありますね。

将来のビジョンというと、鮮明でカラフルに思い描くものだ、

と僕はずっと思い込んでいたのですが、

そうでもないかもしれません。

たまに「何もイメージが湧いてこない」「真っ暗です」

と言う方がいるので、人それぞれだなぁ、と思っていました。

昨日の内容では、何種類もの黒をイメージする、というワークがあり、

それがとても心地よかった方と、そうでない方がいました。

色を鮮明に思い描くワークでも

スッキリの人と、そうでない人がいました。

この違いって、桿体細胞と錐体細胞にも関係しているんだろうか。

今日は二日目、「自然」を取り入れること、手と眼の協調など、

を体験します。


0 コメント

コメントする