蒲生でブレインジムが根付いてきています

まいど、ブレインジムからあげ先生・はいちゃんです。

全国行脚226日目、鹿児島県姶良市蒲生に泊まりました。

鈴木清一のことば
—————————————-
「良いと思ってやった事でも、悪い事だと叱られる時もあります。

それが癪に障って辞めるのではなく、

叱られたことを素直に受け取って、

あやまちは二度と起 こさないように、心がけることです。

叱られた時こそよりよく伸びるチャンスです。

おわびは、誠心誠意をつくすこと。

お詫びのできる謙虚な人は、

将来必ずのびる人であると、私は信じます。」
—————————————

昨日は、蒲生にある大楠ちびっ子園(蒲生の幼稚園)に出向き、園児とブレインジム体験、
そして、午後は加治木市にある竹の子幼稚園で、保護者&園児のブレインジム体験でした。

園児とのブレインジム体験

ゆきお姉さん大人気でした。

蒲生のイベントはほとんどが、現代レイキの先生木の丸庵 の丸野さんがプロデュースしてくださっています。
地域が良くなるために、という思いで自分の仕事そっちのけで走り回ってくれている人です。

色々お気遣い頂いて、気持ちよく過ごせるように準備してくださって、本当にありがたいことです。

泊まらせていただいている蒲生の古民家は、丸野さんのお知り合いのご厚意で貸してくださっています。

行きかう人が自然に挨拶してくれ、かといって大阪ほどおせっかいすぎない。
(大阪ごめん)

蒲生の人、なんというか、本当に優しい温かい。

子どもたちものびのび育っているように見えます。

「子どもを3人産むのは結構普通」

なんだそうです。

2人だと「少ない」んですって!

日本一の巨樹「オオクス」に見守られ、人が心が身体が健やかに育つ蒲生。

僕もとても心地よいです。

今日はブレインジムセミナー一日3回開催です。

ぼくは、本当に一回一回のセミナーを、参加者の立場に立って、やりきっているだろうか。

まず午前中は、園児たちとブレインジムの楽しさを共有してきます。


0 コメント

コメントする