エネルギーの混乱を整える方法(ウェイン・クックの姿勢)

鹿児島・蒲生で3日目の朝です。

まいどブレインジムからあげ先生 はいちゃんです。

蒲生のブレインジム会場には、

とんぼ、くも、あぶ、近くにはうぐいす、つばめ、

いろんな虫や鳥がいて、一緒に参加?してくれています。

大きな夕日を眺めながら「生かしていただいている」と感じました。

ちなみに蒲生に来てから、おいしい鳥を食べ過ぎています。

蒲生は武家門の郷。こんな素敵な古民家が並びます。

民家

ブレインジム公式クラス2日目が終了しました。

ウェイン・クックさんという電磁波の研究をしていた方が考えだした、エネルギーの混乱を整えるための姿勢を紹介します。

これは、ブレインジムのフックアップの元になっているもので、電磁波からのネガティブな影響を軽減するために考案されました。

また、恐怖麻痺反射(FPR)の統合にもこの姿勢が役にたつと言われています。

以下方法

・最初に胸の前で手の指を組んで、親指が上になっている側を確かめる

・親指が上になっている方の脚を 反対側の脚のふとももに乗せます

・反対側の手で、腿に乗っている脚のくるぶしを、上から包むように持ちます

・同じ側の手で、足の裏をつかみます
 手のひらと足の裏が合わさるようにし、指は足の甲にかかるように持ちます

・この姿勢から、背筋を伸ばしながら息を吸い、リラックスしながら息を吐きます。
これを3~4回。


0 コメント

コメントする