思いと行動を一致させる方法

高知で組織研修7日目が終わり、高知の大人の社交場「ひろめ市場」で唐揚げを楽しみました。

今、朝風呂に入りながら、湧きでた言葉です。

「ブレインジムとは、「思い」と「行動」を一致させる革新的な技術。」

・学びたいのに、集中できない
・独立したいのに、一歩踏み出せない
・歩きたいのに、体が思うように動かない
・投げたいところに、投げられない
・聞きたいことが、耳に入ってこない
・朝起きたいのに、起きられない
・相手に伝わるように話したいのに話せない

など

思いと行動が一致していないことによる、しんどさ、お困り、困難が自分のペースで減り前に進んで行けます。

ブレインジムはそのような思い・思考と行動のギャップを埋めるための革新的な技術です。

組織における教育では、行動分析学、精神科学によるアプローチが受け入れられている現状と思いますが、ブレインジムの考え方を導入することで、身体学・神経生理学的な方法によって、自己の能力を開発させていくことができると、日頃の経験で実感しています。

このように革新的なアプローチを取り入れていただける企業さんも増えてきていて嬉しいです。


0 コメント

コメントする