幼稚園ブレインジムハッピーPJと4人の侍

まいどブレインジムからあげ先生 はいちゃんです。

名古屋です。

昨日は、亀山の幼稚園さんで、ブレインジム研修&コンサルティングでした。
(勝手に名付けてブレインジムハッピーPJ~)

一年間、定期的にお伺いして、園児の発達へのアドバイス、ブレインジムの導入を依頼頂いています。

今回は2回目です。

前回ブレインジム研修を実施してから、毎朝職員さんの朝礼でPACEとDLRというブレインジムを続けられているとのこと。すごい!

でも・・・、

職員さんが効果に気づけていない、何のために続けているのか分からなくなっている、とのご相談が事前にありました。

今回のこのPJには、4人の侍が参加してくれています。

感覚統合療訓練士 栗本
さんと娘さん
(栗本さんのHPが出ない・・・)
言語聴覚士 makoさん
カイロプラクター 杉浦正紘さん
(ここに からあげ先生 灰谷孝・・・)

もちろん皆さんブレインジムにも見識が高く、この贅沢なチームはっきり言ってすごすぎ・・・。

昨日のスケジュールは、

・9:30 ~

  0、1、2歳児クラスを各20分 観察し個別指導
  3歳児クラス20分 園児とブレインジム
  4歳児クラス20分 保育士さんからの相談にお答え
  5歳児クラス30分 園児を観察しアドバイス

・11:30~13:00

  休憩・昼食

・13:00~15:00 

  職員さんの研修
   ~PACE復習と恐怖麻痺反射統合セッション~

・15:00~16:00

  職員さん個別相談とカウンセリング

子どもたちとたくさん遊ぶ中で、動きや言葉から、4人の侍+唐揚げ先生がアドバイスやブレインジムの実践の仕方をお伝えしました。

保育士さんたちが、

ご自身の変化を感じてくださり、

「あ!だからですか!!」

と子どもたちの様子に納得され、

「まず自分たちが楽しんで続けます」

とコメントしてくださっていました。

特に興味深かったのは、恐怖麻痺反射(FPR)残存の園児さん。
(FPRについての解説はこちら

クラスに伺ったとき、みんなでお絵描き中でしたが、ずっと机につっぷした状態。
泣きはらしていて、何もしゃべらない。
みんながはいちゃんたちと遊んでいても、固まってかない。

そこで言語聴覚士のmakoさんが

「見学しててもいいんだよ~」

の一言と軽い接触。

すると!!!

あっという間に子どもさんが、僕の股の間に入って来て自分から遊びだしたのでした。

しかも他のみんながわさわさ群がっているところをかきわけて、腕を持ってでんぐり返しをたくさんしました。

保育士さんもその変化にびっくり。

発達につまづきがある園児さんへの言葉がけの大切さとその意味をたくさん学んだ一日でもありました。

これからも子どもたちの様子や変化を随時教えてくださるとのこと、変化が楽しみです。

全身全霊で関わってくれた4人の侍・・・ありがとう。
(終了後のお食事が美味しかったですね♪)

保育士さんたちが真剣に学んでくださっています。

子どもたちはいつでも本気だ!

そして何より、このような前例のない、とても大切な取り組みをすることを決めてくださった園長さんに心より感謝いたします。

今日は、名古屋で波動ワークショップを受講します。


0 コメント

コメントする