やらないことを決める

那須からお送りしナス。  

まいど、はいちゃんです。

昨日は、奈良の小学校で、先生方向けのブレインジム講座に出てきました。

といっても、僕が依頼をお受けしたのですが日程が当初会わず、武田博子インストラクターに依頼をしていた講座です。

時間に融通がきくようになったので、顔を出してきました。

同じく仲間で、言語聴覚士の都築さんも来て、楽しい時間でした。

先生方には貴重な時間をとっていただいて、武田インストラクター(僕が最初にブレインジムを学んだ方です)には予定替えで時間を作ってくださって、ありがとうございました。

全国の先生方、ブレインジム講座を受けてください。

「なんだかよくわからないし・・・」

「脳が育つんですか?よくわからないなぁ」

そう思われるのもしかたないかもしれんけど、

あやしいもんやったらリピートで依頼はきません。

少なくとも、発達障害が原因で二次被害を受ける子どもたちが減ります。

子どもたちの不真面目そうに見える理由が、実はわざとでも、性格が悪いからでもなくて、

身体的な発達のメッセージなのだ(可能性がある)

ということがわかります。

ぜひ学校の先生方お願いします。

それで、昨日は那須塩原まで移動しました。

今日はリーダーさん向け研修に呼んでいただいたからです。

同じメンバーで2回目の講座です。

今回は2時間という濃密な時間の中で、今日お伝えすることはひとつ。

「やらないことを決める」ということです。

実は、覚悟というのは

「やると決める」

のではなく

「やらないと決める」

ことなのです。

何かをやめることを決めると、その空白の時間に、無意識的に必要
としていることが入ってきます。

だから現実が動くのです。

「やらないことを決める」

これをみなさんと楽しく本気に考えてみます。

終わったら淡路島に戻ります。


0 コメント

コメントする