教育現場におけるブレインジム活用

今、横浜へ向かっています。

昨日のブログにも書きましたが、ココナラ へ無料出品したら、反響が大きくてびっくりしています。

そんなわけで最近ずっとかかりっきりで研究を続けているブレインジムと原始反射のこと、名古屋で講座を致します。

主催は、養護教諭さん向けの講座、保健室コーチングや波動講座を、全国で展開している姫先生こと桑原朱美さん です。

姫さん(と僕は呼んでいます)の講座には、養護教諭の方中心に全国から学びに来られます。
ずっと口コミで人が増えていっています。

それは、講座がずーーーと進化し続けているからだとぼくは思うのですが、姫さんは本質を追い求めているのです。そんな姫さんが「ブレインジムが教育を変える」といつも応援してくれています。

今回は、

【教育現場におけるブレインジム活用】 ~原始反射を学び子どもの不得手を克服2~

として、モロー反射をがっつりと学びます。

是非お越しください。

以下姫さんのブログの案内文をご紹介します。

———–
 今や 全国的にその名を知られるようになった「ブレインジム」
 日本でも あちこちの学校で ブレインジムを導入し、教育的な成果が上がっているという報告があります。

 ハートマッスルトレーニングジムでは 日本のブレインジムの代表的トレーナーの一人 灰谷孝さんをお迎えし講座を開催しております。

 今回は 平成24年7月に開催した「原始反射」をテーマとした 子どもの発達理解や子どもたちの教育的支援の2回目です。(1回目に参加されていなくても参加OKです。)

  平成24年7月の講座の様子 → http://blog.goo.ne.jp/hime1961/d/20120707

 【原始反射を学び 子どもの不得手を克服2】

  「不器用だから仕方ない」「同じトレーニングをしても上達しない」など、日常の不器用さや 教育的活動における諸活動で 「人一倍努力の必要な子」 「どうしてもうまくできない子」を 単に不器用だとか運動神経が鈍いとか 不得手という ことばだけで片付けてしまっていませんか?

 もしも まったく違う視点からの「不得手 不器用」の 原因がわかり これまでにないその子の原因にフィットした トレーニング法ができたとしたら?子育てにおいて ちょっとしたトレーニングで子どもたちの「できた!」を助けてあげることができたとしたら?

 これまで どの子に対しても同じような トレーニングや練習方法をしていたことに関して ひとりひとりの状況に合わせたトレ―ニングをすることができるとしたら?

一昨年 灰谷孝さんのブレインジムの公式クラスを受講していく中で 知った「原始反射」と今の自分の関係
 自分の中の「生きにくさ」のひとつは ひょっとしてここにあったのではないかと思ったのです。

 もしも このことを 多くの教師や親が あるいは スポーツの指導者が知ったら きっとこれまでと違うアプローチで 子どもたちの不器用さを補正し 能力を高めることができるのではないかと 考えました。
 そして、さらに なんとなく自分の不器用さを感じている 大人の方にも ぜひぜひ もっとご自身の能力を引き出すために ブレインジム 原始反射について学んでほしいと思いました。

 ※原始反射とは
  原始反射とは、胎児から乳児に存在し、生き残る手助けになる反射で、意志とは関係なく無意識に起こる反応のことをいいます。出生後から2歳までの間、発達段階に応じでさまざまな種類の反射が「出現」→「発達」→「統合(消失)」していきます。
「原始反射」は、意図した仕事を首尾よく完了できたときのみ統合(消失)します。しかし殆どの人は、原始反射が多かれ、少なかれ消失せずに残っており、感 情、行動、動きなどに影響を与えます。何らかの理由で原始反射が残存している場合、ブレインジムエクササイズを望ましい形で行うこと自体が難しいことが多 いのです。
 
 この講座では 日本のブレインジムの第1人者 灰谷さんを招いて 教育キネシオロジー「ブレインジム」の視点から 「原始反射」について 学び

 スポーツ 楽器の演奏 体育の運動 よく転ぶ よくぶつかる リズムに乗れない 偏った不器用さなど 
 子どもたちへの指導に生かしたり ご自身の能力アップに 苦手の克服に 活用するための 実践的な講座です。

 第2回目となる2月3日の講座では 今回は「モロー反射」を中心に学びます。
 この反射波 「落ち着きの無さ」「多動」「集中できない」「感覚過敏」「気分屋さん」「感情のコントロール」に関わっています。
 実際の教育現場 子育ての現場でも 関心の高いところではないかと思います!!と、灰谷さんからもメッセージをいただきました。

 申込み  http://form.os7.biz/f/75fcece7/

———–

淡路島から脳と心のコーチング、はいちゃんでした。


0 コメント

コメントする