感覚過敏とモロー反射

まいどブレインジムからあげ先生 はいちゃんです。

いやっほー、群馬の伊香保(いかっほー)温泉に来ています。

温泉は、日本人でよかったーを実感できる場所の一つです。

今日も本当はリズミックムーブメントのLV.3「RMTとディスレクシア」が横浜であるのですが、
仕事のために伊香保に来ました。

先日の「感情とRTM」講座の中で出てきた原始反射の一つ、モロー反射に着いて今日は簡単にまとめてみます。

原始反射は生後2歳ごろまでに見られる反射的な動きです。反射なので、自分の意志ではコントロールできません。
これは、胎児や新生児が生き抜いていくために備わっている、ある意味動物としての本能的なものです。
体を動かす上だけでなく、学習や様々な日常生活(コミュニケーションや車の運転など)でのいろいろな基礎となるものもあり、ある時期がくれば自然に生じなくなる(統合する)の必要があります。

モロー反射(Moro Reflex)は脳幹レベルの原始反射の一つで、
妊娠12週目あたりで発達し、生後4ヶ月ほどで統合される必要があります。

原子反射トレーニングのモロー反射イメージ画像

赤ちゃんが突然驚いたように、びくっ!ってなるやつです。

僕はこのモロー反射が、かーなーり、残存していました。

モロー反射が不統合だと、外部の感覚に対する過敏な状態を保ちます。

嗅覚や聴覚、触覚などどの感覚に出るかは個人差があります。

たまにエレベーターの扉が開いたときに、相手の人が「びくぅ!」っと驚いて手を広げるあの感じ。
「モロー反射がのこってるのねぇ」なんて心の中で思っています。
(僕の風貌があやしいだけ?)

ある「落ち着きがない」といわれていたお子さんには、何でもかんでも匂いをかぐ、という癖がありました。

お母さんは「変わった子ね」くらいに思われていたようですが、おそらくモロー反射の残存が調べたらあったんじゃないかなぁと思います。

音や触覚に過敏な子が多いようです。

モロー反射の残存も感覚刺激に対する筋反応で調べることができますが、もし残存していると、面白いくらいに過緊張になるか、筋反応が弱くなります。

モロー反射はまさにこの反応です。

原始反射サイト_戦うイメージ画像

「闘うか、逃げるか!」

モロー反射の活性化は逃走逃避反応を促進します。

他にもこんな傾向が。
葉山のインストラクター雅樹さんの「エネポート 」HPからお借りしました。

★「モロー反射」があるときの傾向
①イライラ、ソワソワしやすい
②ちょっとした音で不快になる
③寝つきが悪い
④キツイ言葉をよく言ってしまう
⑤ビックリしやすい

僕は3つあてはまります。

原始反射の統合は、それ自体が目的ではなく、
統合のプロセスにおいて、自分と自分を取り巻く環境に
気づくことになると思っています。

原始反射が残っていることが悪いことは、決してありません。
全てはギフトだと思います、

原始反射の統合や改善に興味のある方はお声がけ下さい。
ブレインジムとリズミックムーブメントのアプローチで役に立ちます。

今日は、企業さまでチームマネジメント(ビルディング)研修を担当させていただきます。
呼んでくださってありがとうございます。


0 コメント

コメントする