おねしょエクササイズ

ホースセラピー部顧問の先生が立ててくれたコーヒーが絶品。

淡路島 コーヒー UMA CAFE昨日から、ホースセラピー(部)に復活しました。

どら焼きまでお手製、めちゃうま。

「UMA CAFE」の看板までつくって、芸が細かい・・・。

昨日のおもらし反射=脊髄ガラント反射は多くの方に見ていただいたようです。

この反射はそもそも、お母さんのお腹の中で発達し、
背中が触れることによって動き、音伝導を担っています。

筋肉を育てて、前庭系というバランス感覚も育てています。

腰にある反射ですが、

①聴覚の発達
②バランスの発達

と関係の深い反射なんです。

短期記憶にも影響が出ます。

産道を通るときにこの反射を使って、赤ちゃんは生まれます。

この反射があると、膀胱反射を引き起こして

ぴゅ

とおしっこがでます。

このことを知っている小児科医さんは、この反射を使って、新生児におしっこをさせるそうです。

女の子がこの反射を保持していると、いつもおしっこの臭いがして、それでからかわれることもあるようですね。

ぼくは、小学校~中学校くらいまで「授業恐怖」を持っていました。

いつも、授業中に便を催さないかが気になっていて、休み時間の終わり前はそわそわそわそわするんです。

大人でも頻尿になって、頻繁にトイレに言って相方を待たせることがあるかもしれませんね。

・頻尿
・過敏性大腸炎
・不眠症
・おねしょ
・脊柱側弯
・膀胱炎
・過活動膀胱
・腰痛

持っている人にしかわからないお困りです。

そういえば僕はブレインジムを続けていて、映画や電車に乗るなんかにおしっこに行かなくても気にしなくてすんでいます。

過敏な大腸もらくになりました。

統合が進んでいる感じがかなりあるなぁ。

側弯症の人は、片側だけに脊髄ガラント反射を保持していて、片側だけに常に筋緊張が起こってしまい、側湾になるようです。

実際にコーチングの現場でも片側だけに持った人が多いです。

この反射を持っていると、イライラすることが多くなる可能性があります。

特にモロー反射と併存することで、音やある特定の人の声に反応し、わけもなく無性に腹が立つ。

大人でお困りの方、けっこういたりするんじゃないかな?と思うけどどうでしょうか。

なにせ人に言いにくい内容だと思いますので、自分だけがそうなんじゃないかと、悩みも抱えやすいと思います。

このような症状のお子さんをお持ちの親御さんも、何ができるか考えておられると思います。

いろんなアプローチがあるけど、原始反射から考えるのは根本的な取り組みの一つになります。

まず試してみたいのは

①エクササイズ

スノーエンジェル(ゆきの天使)というエクササイズです。

10回を一日2回。

ビジョントレーニングにもなります。

②りんごを食べない

もしお子さんがリンゴを好きな場合は、リンゴ(特にりんごジュース)を取らないようにすることも必要になるそうです。
(オーストラリアのインストラクター、クレアさんという方から教えていただいたことです)

りんごに含まれるカリウムの関係が考えられますが、詳しい背景はまだわかりません。

お役にたちますように。

淡路島から脳と心の発達コーチング、はいちゃんでした。


0 コメント

コメントする