反射的に「カッ」となるのも原始反射。

なんで「イライラ」したりすぐに「カッ」となってしまうんだろう?

そんな風に思われたことありませんか?

僕は、ずっと思ってました。

それがいつも僕のテーマでした。

昨日は、愛媛県松山市で依頼を頂き、シークレットセミナーでした。

8人の方に「ブレインジムと原始反射」講座を受講していただきました。

その中でモロー反射を扱いました。

高校生も参加してくれて、普段は口数が少ないとのことでしたが、笑顔で、まっすぐで素敵なコメントを共有して参加してくれました。

ぼくは、コーチングやNLP、コミュニケーションを学んでからは、

だんだんと人の話を聞くことができるようになって来ました。

ただイライラする自分や他者を批判している自分をうまく横において
(おいたつもりで)

または、
「カッ」となっている自分を抑えこんで、

いたように思います。

そのようにすることが、自分をコントロールすることだと思っていたからです。

でも、イライラする自分は変わっていないのです。

和歌山の太陽保育園元理事長、平井謙次さんの書籍を頂いて読んだとき

——————
人は、

思ったことを思われ

言ったことを言われ

したことをされる
——————

という言葉に出会って、はっとしました。

ぼくは「言わない」ようにはしていましたが、

「思う」ことについての筋力はつけていませんでした。

言わなくても、思っていたら思われるよね。

ブレインジムを学んで、

「カッとするのは性格ではない」

ということがわかりました。

そして、脳を整えることで

「カッとする自分を整えることができる」

ことがわかりました。

自分の感情は、脳の働きで、コントロールできるのです。

例えば「カッとする」というのは

——————-
刺激に対する過剰反応
——————-

です。

この過剰反応している脳の部分を整えることで、

穏やかな心を維持することができます。

昨日のシークレット講座では、そんなことを体験していただいて、

ぼくは、自分が本当に困って悩んできたことだけに、

同じような悩みを持つ方にこの考え方と方法を知ってほしいなぁと思っています。

鹿児島で12月1日に、この講座をしますので、ぜひお越しくださいね。

《身体脳から変わるセルフマネジメント講座
   ~ 第二回 原始反射「モロー反射」と「ブレインジム」~》


0 コメント

コメントする