目を発達させる遊び。

昨年、国家資格の視能訓練士を要請する専門学校にブレインジムの授業に呼んでいただいた時の学生さんの感想文が手元に届いたので、遅ればせながら目を通しています。

みんな、とても丁寧に感想を書いてくれています。

ブレインジム 授業 感想文

—————————-
まず始めに、原始反射について学びました。原始反射とは赤ちゃんの頃から持っているものであり、反射的な動きを通して自分を取り巻く世界の大切な情報を得ています。
また目の発達する遊びには、虫取り、おはじき、キャッチボール、たこあげ、草笛、かけっこなどがあり、目を使わない遊びにはお手玉などがあります。(灰谷注:お手玉はめっちゃ目を使う遊びです。誤解されたようです)私達はいつの間にか気づかないうちにこどもの頃から目の発達の訓練をしていたということに気付かされました。

中略

このことからブレインジムを楽しく行い、毎日続けることによって自分の持っている力を見つけ出すことができるのではないかと感じました。体を動かすことは楽しいので私もこれから時間が余っているときなどにブレインジムを実行してみようと思います。
ブレインジム講座によって、体を動かす楽しさについて学びました。
—————————-

お手玉の件で誤解されているのは残念でしたが^^;、授業を楽しんでいただいた様子が伝わって生きて嬉しいです。

特に、草笛や吹き戻しなど、呼吸の遊びというのは、目の基礎発達につながる意味深い遊びの一つだです。野山でたくさん遊んでくださいね。


0 コメント

コメントする