子どもと遊ぶとテストの点数が上がった。

昨日と今日、福岡で9件の原始反射統合の個人セッションをさせて頂いています。

初めての方から3回目のお子さんまでいて、

「夏休み前にテストが10点とかだったのが、原始反射の統合を受けて家で続けて、夏休み明けからは75点、今は100点をとるようになってびっくりした」

なんて報告をもらいました。

お母さん嬉しそうでしたが、その話を横で聞いていた、少しシャイな感じの本人の顔が一番うれしそうでしたし、最初に来てくれたときから比べてすごく穏やかな顔つきになっていました。優しいところが、前面に出てきていますね、とお母さんと話しました。お母さんはもともと熱心で明るい方ですが、子どもさんと遊ぶのがますます上手になられた印象も持ちました。

お母さんは最初「やるのはたったこれだけ?これで変わるの?」と思われていたそうです。(そう思うのは仕方ない、見た目はシンプルな遊びや動きが多いです)

ちなみにこのお子さんは身体面では、今回バランスボールの上に立つことができるようになってしまって、体のバランスが良くなったどころか、全くかなわないほど上達していました。

うーん、毎度感じることですが。。。子どもの成長のスピード恐るべしです。

今回も、お越しいただいてありがとうございます。

ちなみに視覚の発達について学んだ先日のヴィジョンサークル講座はこんな感じでした。(受講生さんの感想)

ブレインジム ヴィジョン・サークル

この講座の中では「暗闇における眼の発達と他の感覚との統合」を学ぶ時間があります。

暗闇で過ごすことは、眼の発達に重要な役割を果たします。

現代日本の生活では、夜になっても寝る直前まで明るすぎることも

(先日も書いたように)、姿勢の悪さや目の使い方の不具合につながっていると考えています。

日本は明るすぎます。

「夜の世界地図」

北半球、特に日本の明るさが目立ちます。
夜の世界地図

淡路島で発達支援コーチング、はいちゃんでした。


0 コメント

コメントする