正中線を超える。

昨日は名古屋に呼んでいただいて出張個人セッションでした。

遊びが大好きな兄弟と、猫ちゃんと一緒に楽しい時間を過ごさせてもらいました!

ありがとうございました。

「正中線を超える動き」がテーマでしたので、前に書いたブログを再掲しておきます。

モロー反射と正中領域

4~5歳くらいで「クロスクロール」の動きや「レイジーエイト」など、手足や眼を中心に向けて動かしたり、左右を超えることが難しそうでしたら、モロー反射や緊張性迷路反射の取り組みが役に立つ場合が多いです。

正中線を超えられない、というのは身体両側の協調が難しいことを占めています。

かなり昔の記事のようですが、感覚統合のことを要点でまとめておられるWEBサイトを見つけましたので、紹介しておきます。

 

社団法人日本自閉症協会奈良県支部主催第7回自閉性障害児者の発達講座講演会

↑この記事の項目「3」に正中交差のことが書かれてあります。

 

今日は、名古屋から三重に移動しますが、朝入ったカフェにて

「野菜入りホットドッグ」を頼みました。
「淡路島のはいちゃんにっき」-ドッグ

確かに野菜は入っていましたが、レタスが一枚。

ネーミングって大切。

 

どんな名前にするかよりも、どんな気持ちでその名前を考えるか、が大切だと思いました。

淡路島で発達支援コーチング、はいちゃんでした。

 


0 コメント

コメントする