授業中にトイレに行きたくなる人。

そういえば僕は、小学校~中学校のとき、授業中に「トイレ」に行きたくなるのが恐怖でした。

昨日、Yahooニュースに出ていたこの記事

 

トイレ行かせず失禁、前日の給食食べさす…神戸の小学校で体罰 市教委認定

—————
また、兵庫区の小学校では今年1月、女性教員(25)が、授業前にクラス全員にトイレに行くように指導。5分後に「トイレに行きたい」と申し出た当時1年生の女児をトイレに行かせず、女児が失禁したケースもあった。
—————

 

僕は、兵庫区の小学校に通っていましたから、このニュースを読んだときに自分の昔を思い出しました。
なぜか、授業中にお腹が痛くなったり、おしっこがしたくなったりするのです。

そうなるのは、自分でわかっていますから、授業の合間の休み時間には、できるだけ直前にトイレに行くようにします。

しかし、休み時間には「でない」のです。いくら頑張ってもでないものはでないのです。

そして、授業中になると、なぜかトイレに行きたくなります。

そのことが気がかりになって、休み時間には思いっきり遊べないこともありました。
こういったことは、誰にも相談出来ませんでしたねぇ。
だって、小学校で「トイレ」といったら、格好のイジラレネタになりかねませんから、

本当に我慢できなくなったときは、どうやって嘘をついて教室の外に出るかを授業中ずっと考えていたこともあります。

こんな状態で授業に集中できるわけもなく、自己肯定感も高くはならないですねぇ。
大人になって、ブレインジムをやって、

「脊髄ガラント反射」
「脊髄ペレーズ反射」

という原始反射があると、

背中への刺激(椅子の背もたれ)と同時に排尿反射が刺激されて、自動的に「もよおして」しまうことがある、ということを学び、昔の僕がとても救われたような感じになりました。

実際、僕には脊髄ガラント反射が顕著に見られましたし、ブレインジムや原始反射統合のエクササイズを続けることで、楽になりました。

仕事前や電車に長く乗る前にトイレに行かないと落ち着かない、不安になる、といったこともなくなりました。

こういったことは、なかなか会話には出てこないので、実は私も・・・・という方が多いのではないかな、と思っています。

大人も子どもも、原始反射を統合すると楽になることがたくさんあります。
(と入っても、原始反射は悪者ではありません!よ。)

先生もほんとに、こういうことを知ると、自分も生徒も傷つけずに対応できる幅が広がります。
淡路島で発達支援コーチング、はいちゃんでした。


0 コメント

コメントする