全力で力を抜く。

全力で力を抜く、って変な表現ですね。

 

どれだけ体の力を抜くことはできますか?

試しに硬い床の上に仰向けに寝転んでみて下さい。

 

肩、背中、腰、おしり、脚、つま先

体の重さを感じます。

 

「あなたは宇宙の偉大な存在に守られているのだから、
安心してポカンと無防備になりましょう。」

 

個人セッションでも、「完全に力を抜く」ためのエクササイズをすることがあります。

子どもは特に、これができないと、

「姿勢よくじっと座っている」

なんてとても出来ません。

原始反射が強く残っていると、これは絶対出来ません。

 

大人も一緒で、

体の力を抜けるから、心の力を抜くことが出来ます。

 

一日一回、脱力の時間を取りましょう。

ああ、10年前の自分にいってあげたい。

 

今日は仙台で個人セッション2件、淡路島へ帰ります。

 

はいちゃんでした。

 


0 コメント

コメントする