サッカーへのブレインジム的考察。

昨日は、淡路島の家の内壁塗に珪藻土を塗っていました。

古民家に住むというのは、

こういうのを一つ一つ自分でやっていく楽しみもあります。

淡路島の家の内壁塗に珪藻土を塗っている画像

そして、夜は、サッカーの練習を見に行ってきました。

ヴィッセル神戸で活躍した元Jリーガー内藤 潤さんがが代表理事を務めるNPO法人ここからつながるスポーツ地球家族
さんの定期練習です。

小学生から中学生までが一緒に練習をしていて、内藤さんの指導のもとだんだんと動きが良くなっていく様子に、いろんなインスピレーションをいただきました。

見学させていただいて、ありがとうございます。

子どもたちの動きを見ていて気づいたポイントは2つ、

・目の使い方(ボールを見すぎている)

・重心移動(軸が中心に残っていない)

この2つがドリブルやボールの扱い方などいろんな影響を与えていると感じました。

上手い子どもさんは、この2つがとても優れています。

ドイツ代表チームコーチのエフィさんから教えていただいたブレインジムを取り入れた練習の意味がより深く理解できたように感じています。

サッカー・ドイツ代表チームのブレインジム

先日、博多でブレインジムコーチングを受けてくれたA君も

「サッカーが上手くなりたい!」

ということで、体軸がアップするようなブレインジムを一緒にやりました。

そしたらこんなポーズ
ができるようになってましたね。

ブレインジムの後の練習では、

「そうそう、なんか今日めちゃくちゃ足が早くなっとった。あとね、バランスがよくなっとって転びそうになっても元に戻れたと。」

だそうです。

少し子どもたちの練習の様子を見ただけですが、反射の残存の影響がみられます。

モロー反射・・・上半身や腕を柔軟に使えない

TLR(緊張性迷路反射)・・・相手とボールの遠近感をつかむのが難しい

ATNR(非対称性緊張性頸反射)・・・ヘディングの時に、頸と胴体を別々に動かせない

など、頑張っているだけの成果をだすには、反射の統合がとても役に立つと確信しました。

ブレインジムを通して、自分らしく動くこと働くことを発信していきます。

淡路島から心と脳の発達コーチング、はいちゃんでした。


0 コメント

コメントする